高千穂大学総合研究所シンポジウム「21世紀における哲学的思考の射程―政治・経済・文化を結んで―」所収『総合研究』No. 28刊行

高千穂大学総合研究所シンポジウム「21世紀における哲学的思考の射程―政治・経済・文化を結んで―」、2014年11月29日(土)の模様を収録した『総合研究』No. 28、いよいよ刊行。大久保歩「代表制の危機と表象批判」、齋藤元紀「脱成長の経済哲学」、大森一三「文化と消費の哲学」の各論稿とともに、三氏のパネルディスカッションのやりとりを紙上再現。21世紀の現状に切り込む哲学的思考の冒険、ぜひご一読下さい。

photo2 photo3photo4

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s