2016年3月18日 Jinwhan Park氏「子どもの哲学(p4c)」ワークショップ報告

2016年3月18日(金)、韓国・東アジアにおいて様々な子どもたちと哲学対話を行ってきたJinwhan Park氏をお招きして、高千穂大学にて「子どもの哲学(p4c)」ワークショップが開催されました。

Park先生は、事前に用意していたパワーポイントや映像資料は使用せず、参加者の自己紹介を聞いたうえでワークショップを開始。主に大学生以上の方々が約20名参集しました。そのためPark先生もThinking Skillの習得という実践度の高いテーマを設定されたように思います。前半はビコーズ・ゲームや詩を読んでそれに対する質問から思考を深めてゆくワークを行い、後半は哲学対話や子どもの哲学の考え方、そして韓国での哲学教育の状況についてお話をいただきました。

ワークでの対話はもちろん、活発な質疑や応答が交わされ、充実した3時間となりました。Park先生はじめ、立教大学の井尻さん、通訳をご担当いただいたKanさん、そしてご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s