第45回PAIDEIA哲学カフェ・オンライン「思い出とは?」(2020年12月17日)報告

 第45回PAIDEIA哲学カフェ・オンラインにご参加いただきありがとうございました。今回は「思い出とは?」をテーマに対話を行いました。  

 最初は、嫌な出来事でも今ではいい思い出として昇華している事も多い、という意見から対話は始まりました。それについて、いい思い出や悪い思い出の差はないという意見や、また、思い出は全ていい思い出しかなく、それについて切ないと感じるかどうかといった意見、さらには悪い物であってもそれは、今の自分の糧となるいい思い出なのではないか、といった意見も出ました。  

 次に、思い出を「いつ」思い出しているのか、という話題になりました。これついては、意識しなくても自然と思い出すことができるとか、他者と関わっている時に思い出す事ができるといった意見が出ました。しかし他方で、自分で思い出す事が出来ないものや、自分の関心のない事は思い出す事ができないのではないか、という意見も見受けられました。他にも、思い出を思い出すだけではなく、未来や現在進行形で作られているのではないか、などという考えも飛び出しました。この対話のなかでは、写真や動画を撮ることで、後からそれを見て思い出すこともできるという意見があり、この点はとても共感できました。  

 最後に、思い出と記憶の違い、そして思い出には共有・時間・距離などといった様々な概念が関係しているのではないかという意見が出ました。思い出と記憶の違いに対しては、記憶の中に思い出があるのではないかという発言もありました。これは、記憶を自分の経験したことであるとした場合に、その経験に感情が入る事で思い出になるのではないかとする考えから出てきたもので、この点はみなで考え込んでしまうほど印象に残る対話になりました。共有・時間・距離の関係については、残念ながら時間がなくなってしまったため、深く対話することができませんでした。  

 今回初めてファシリテーターを務めさせていただきましたが、参加者の皆さんのアシストのおかげで無事終えることができました。皆さんの考えを追いながらずっと考えを巡らせ続けるのは大変ではありましたが、この経験自体が、この先とてもいい「思い出」となるように感じました。また対話を聞いていて、写真や動画を見て思い出すことがあるという意見については、私自身も音楽を聴いている時に、かつてその音楽を聴いていた瞬間を思い出したこともあり、大いに共感するところがありました。その他のさまざまな意見についても、今後私の中で整理して考えをまとめていきたいと思いました。  

 次回の哲学カフェは年明け2021年1月21日開催予定です。詳細は追ってご案内します。ぜひご参加ください! (報告者:高千穂大学人間科学部 齋藤ゼミ2年 開真那斗)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s