第45回PAIDEIA哲学カフェ・オンライン「思い出とは?」(2020年12月17日)報告

 第45回PAIDEIA哲学カフェ・オンラインにご参加いただきありがとうございました。今回は「思い出とは?」をテーマに対話を行いました。  

 最初は、嫌な出来事でも今ではいい思い出として昇華している事も多い、という意見から対話は始まりました。それについて、いい思い出や悪い思い出の差はないという意見や、また、思い出は全ていい思い出しかなく、それについて切ないと感じるかどうかといった意見、さらには悪い物であってもそれは、今の自分の糧となるいい思い出なのではないか、といった意見も出ました。  

 次に、思い出を「いつ」思い出しているのか、という話題になりました。これついては、意識しなくても自然と思い出すことができるとか、他者と関わっている時に思い出す事ができるといった意見が出ました。しかし他方で、自分で思い出す事が出来ないものや、自分の関心のない事は思い出す事ができないのではないか、という意見も見受けられました。他にも、思い出を思い出すだけではなく、未来や現在進行形で作られているのではないか、などという考えも飛び出しました。この対話のなかでは、写真や動画を撮ることで、後からそれを見て思い出すこともできるという意見があり、この点はとても共感できました。  

 最後に、思い出と記憶の違い、そして思い出には共有・時間・距離などといった様々な概念が関係しているのではないかという意見が出ました。思い出と記憶の違いに対しては、記憶の中に思い出があるのではないかという発言もありました。これは、記憶を自分の経験したことであるとした場合に、その経験に感情が入る事で思い出になるのではないかとする考えから出てきたもので、この点はみなで考え込んでしまうほど印象に残る対話になりました。共有・時間・距離の関係については、残念ながら時間がなくなってしまったため、深く対話することができませんでした。  

 今回初めてファシリテーターを務めさせていただきましたが、参加者の皆さんのアシストのおかげで無事終えることができました。皆さんの考えを追いながらずっと考えを巡らせ続けるのは大変ではありましたが、この経験自体が、この先とてもいい「思い出」となるように感じました。また対話を聞いていて、写真や動画を見て思い出すことがあるという意見については、私自身も音楽を聴いている時に、かつてその音楽を聴いていた瞬間を思い出したこともあり、大いに共感するところがありました。その他のさまざまな意見についても、今後私の中で整理して考えをまとめていきたいと思いました。  

 次回の哲学カフェは年明け2021年1月21日開催予定です。詳細は追ってご案内します。ぜひご参加ください! (報告者:高千穂大学人間科学部 齋藤ゼミ2年 開真那斗)

Sponsored Post Learn from the experts: Create a successful blog with our brand new courseThe WordPress.com Blog

WordPress.com is excited to announce our newest offering: a course just for beginning bloggers where you’ll learn everything you need to know about blogging from the most trusted experts in the industry. We have helped millions of blogs get up and running, we know what works, and we want you to to know everything we know. This course provides all the fundamental skills and inspiration you need to get your blog started, an interactive community forum, and content updated annually.

第45回PAIDEIA哲学Café​オンライン「思い出」とは?2020/12/17開催!

【第45回PAIDEIA哲学Café​オンライン「思い出」とは?】
2020年最後のパイデイア、「思い出」について考える時間、ご一緒しましょう!
日時:2020年12月17日(木) 20:00-21:30​
場所:Zoom​ https://bit.ly/2L2AJGJ
みなさんには、忘れられない思い出といったものがありますか。​
ふとした時に、過去の出来事を思い出したりすることはありませんか。​
その思い出は、どうしてあなたの思い出になっているのでしょう。​
私たちと一緒に「思い出」について考えてみましょう。​
*事前登録は不要です。当日下記リンクからご参加ください。​
*途中参加・途中退室も自由です。​
*ビデオのオン・オフも自由です。

第44回 PAIDEIA 哲学カフェ・オンライン「自信とは?」(2020年11月19日)報告

第44回 PAIDEIA 哲学カフェ・オンライン「自信とは?」(2020年11月19日)報告

 第44回PAIDEIA哲学カフェ・オンラインにご参加いただきありがとうございました。今回は「自信とは何か?」について対話を行いました。

 まず他者から見た自信のある人とはどのような人なのかという話題から始まり、自分を過信しすぎることの危険性や自己肯定感との違い、自信のつけ方についてまで対話は展開しました。

 私は今回の対話を通して、日常的に当たり前のように使っている「自信」という言葉にも実は様々な種類があり、時に自分に悪い影響すら与えるような自信もあるのだということに気づきました。そして改めて、自分の力になるような自信を持ち、自分なりの自信のつけ方を見つけたいと考えるに至りました。

 今回初めてファシリテーターを務め、うまく進行できるかどうか文字通り「自信」がなかったのですが、みなさんとの対話のなかで得られた気づきの経験を踏まえつつ、次回からはもう少し「自信」を持って取り組めそうな気がしています。

次回の哲学カフェは追ってご案内いたします。

ぜひご参加ください!

(報告者:高千穂大学人間科学部 齋藤ゼミ2年 小嶋千莉)

第44回PAIDEIA哲学Café「自信とは?」

第44回PAIDEIA哲学Café「自信とは?」
ひさしぶりのPAIDEIA、今回のテーマは「自信とは?」です。
自信のある人って素敵に見えますよね。​
自分も自信を持てるようになりたい、と思ったことはありませんか?​
ですが、そもそも自信とは何なのでしょうか?​
私たちと一緒に「自信」について考えてみましょう。

日時:2020年11月19日(木) 20:00-21:30​
場所:Zoom​
*事前登録は不要です。当日下記リンクもしくはQRコードからご参加ください。​
*途中参加・途中退室も自由です。​
*ビデオのオン・オフも自由です。​
https://us02web.zoom.us/j/81454810817

第43回PAIDEIA哲学カフェ・オンライン「魂とは?」(2020年8月27日)報告

第43回PAIDEIA哲学カフェ・オンライン「魂とは?」(2020年8月27日)報告

第43回PAIDEIA哲学カフェ・オンラインにご参加いただきありがとうございました。
オンラインでの哲学カフェの開催は今回で5度目です。今回も、初参加の方も常連の方からも沢山の発言をして戴き、大変有意義な時間となりました。

今回のテーマは「魂とは?」でした。
対話は「魂というものを私たちがどう捉えているのか」という疑問から始まりました。まず、自分の存在を確定させているものや、身近なものであるといった意見がでました。
また魂という固有の名前があることから、魂には魂でしか表せない何かがあるがその存在は言語の発達により分散し薄れてしまい、現在では役者魂や野球魂など意気込みや精神の比喩として使われているといった意見も出ました。

次に、「魂でしか表せない何かとは何なのか、またそれはどこにあるのか」という話になりました。この疑問に対しては、魂は人間の言葉では語れないような多次元的な場所にあるのではないかという意見や、物体と心を繋ぐ場所にあるという意見、物体ではなく空間そのものに存在しているのではないか、といった意見が出ました。
さらに、魂は精神や人格の土台として存在しており外的影響を受けないという意見や、命や精神などのワードに対して魂には畏怖の念を抱いてしまうのでそこに魂でしか表せない何かがある、という意見もあり、この意見には賛同の声が目立ちました。

最後に疑問として挙げられたのは「魂は概念か、実在しているのか」というものでした。
ここでは、大昔から魂という言葉がある以上、確かに存在していたものであるといった意見や、魂が存在しているということを信じたい自分がいるだけである、といった意見が出ました。他にも、日本と海外では魂という言葉の使われ方が異なるため、言語によって決められた概念であるという意見や、向き合っても答えは得られないが概念として実在しているといった意見もあり、混迷を極めていたところで終了の時間となりました。

今回の対話で私は、魂という言葉がどのようにして浸透していったのか、また現在と過去の魂という言葉の使われ方に興味を持ちました。魂は形而上的なものでありながら、まるで実在するかのように語られることの多い印象でしたが、もし実在するなら他人と魂の交換などをやってみたいなと考えました。
次回の哲学カフェは秋頃にZoomにて開催予定です。詳細は追ってご案内致します。ぜひご参加ください! 
(報告者:高千穂大学人間科学部 齋藤ゼミ3年 長瀬大和) 

第43回 PAIDEIA哲学Café online「「魂」とは?」

第43回 PAIDEIA哲学Café online「「魂」とは?」
​日時:2020年8月27日(木) 19:00-20:30​
場所:Zoom​ 参加予約→ https://bit.ly/3a9o9h8

魂は私たち一人一人に備わっています。​
そんな目には見えない魂を意識したことはありませんか?​
精神や心とはどう違うのでしょうか?​
「魂」とは何なのか、私たちと一緒に考えてみましょう。​

*参加無料・入退室自由。参加には事前登録が必要です。リンクもしくはQRコードから登録してください。​
*登録後、ミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。​
*参加人数は15名です。先着順で締め切る場合がありますので、ご了承ください。

第42回PAIDEIA哲学カフェ・オンライン「コミュニケーションってなに?」報告

第42回PAIDEIA哲学カフェ・オンラインにご参加いただきありがとうございました。 

オンラインでの対話は4回目でしたが、「コミュニケーション」を多くの視点から対話し、深めていくことができたと感じました。またzoomの挙手機能を使うことでスムーズな対話を行うことができました。今回も前半と後半を分けることなく対話を行いました。 

まず、今回のテーマはなぜ「コミュニケーションとは」なのか、ということから始まりました。マスクをしていると「相手に表情や声が伝わり辛く、コミュニケーションを取りにくい」という意見が出ました。他方で、「身振り手振りを今まで以上に意識して会話をすることで、表現が豊かになった」という意見も出ました。 

次に「コミュニケーションはそもそも成立するのか」について対話を行いました。相手を知ろうとする誠実な態度が大切という意見や、相手は自分自身ではないから正確に伝わらない部分があり、コミュニケーションは成立しないと思うという意見や、受け取り側によって変わってしまうといった意見も出ました。 

そして「なぜコミュニケーションをとりたいのか」ということについても対話を行いました。他の人とつながりたいという欲求があるという意見や、話し相手を理解したいと思うからではないか、といった意見もありました。また、本能的に情報共有することと心のつながりを求めることという二つの層から成り立っているのではないかという意見も出ました。コミュニケーションが建前や本音、さらには詩的性格など、複数の意味を持つという意見が出たところで、対話は終了しました。 

私は、コミュニケーションをとる状況が違うことで、求められるコミュニケーションの取り方も違う、という意見に納得することができました。店員に積極的に話しかけられることを苦手に思っていましたが、店員は店員として求められているコミュニケーションをとっただけであると考えることができるようになって、少し気持ちを楽にして話すことができそうだと思えました。 

次回は8月27日(木)19:00より「魂とは?」をテーマに、Zoomにて開催予定です。詳細は追ってご案内致します。ぜひご参加ください!  

(報告者:高千穂大学人間科学部 齋藤ゼミ3年 根本隆洋)  

第40回PAIDEIAオンライン哲学カフェ「ストレスとは?」報告

第40回PAIDEIAオンライン哲学カフェ「ストレスとは?」報告

第40回PAIDEIAオンライン哲学カフェにご参加いただきありがとうございました。

2回目のオンラインでの開催によりZoomの機能にみなさん慣れたせいもあってか、挙手機能やチャット機能を使ったりと、オンラインの特徴を生かした回だったと感じました。

今回は前半後半分けることなく、続けて対話を行いました。

序盤はどういうときにストレスを感じるかについて対話を行いました。自粛生活が続き、行きたいところにも行けないことがストレスだという意見や、相手と会話をするとき、気を使って話すことがストレスだという意見が出ました。

中盤になるにつれて、ストレスの解消法についての話題になっていきました。ストレスに対する器が大きい人はそのまま受け止めることができ、器が大きくない人は受け流すという選択肢があるという意見や、逃げることも選択肢の一つという意見も出ました。

終盤ではストレスとはどういうものかについて対話を行いました。「ストレス」という言葉自体がストレスという意見や、ストレスというのは外からの圧力で、良くも悪くもないものという意見が挙がりました。また、ストレスがないと自分がダメになってしまうため、自ら周りの環境を変えて自分にストレスを与えていくという、これまでとは違った角度の意見が出たところで時間となりました。

 ストレスと聞くと悪いイメージを思い浮かべがちですが、自分への刺激という観点で考えれば悪いものではなく、むしろ良いものだと感じ、これまでのストレスに対するイメージが変わりました。

次回は7月16日(木)19時からZoomにて「ファッションとは」をテーマに開催予定です。是非ご参加ください。

(報告者:高千穂大学人間科学部 齋藤ゼミ3年 市原裟介)

第39回パイデイア哲学カフェ「自分勝手ってなに?」2020/5/28

お待たせしました、久しぶりのパイデイア、オンラインでの開催です!

日時:2020/5/28(木)20:00-22:00 

テーマ:「自分勝手ってなに?」

実施会場:オンライン(Zoom)

*入退室自由・事前予約制

参加希望の方はフォームからお申込みください。追ってスタッフより参加アドレスをお知らせします。ご参加お待ちしています!

https://t.co/7RqcahfyAX?amp=1

第37回 PAIDEIA哲学Café 「距離感」ってなに?

「人との距離を取る」、「距離感を保つ」。
「距離」とは何を指しているのでしょう。
相手との心の距離?互いの境界線?
また、適切な距離感とは?
私たちと一緒に考えてみませんか。

日時:12月19日(木) 17:00-20:00
会場:高千穂大学1号館2階 マーキュリーホール(京王井の頭線 西永福駅より徒歩約7分)

https://www.facebook.com/1398311213787142/posts/2528865524065033?d=n&sfns=mo
料金:学生無料、社会人500円(お茶、お菓子付き)